会員は部会に所属し、意見を述べ、情報や知識を吸収できます



商工会議所の会員と特定商工業者

  • 会員
     商工会議所の運営をささえ、事業活動の推進力となるのは会員です。
     会員は、自分の営む事業の発展のために、部会に出席して意見を出したり、情報、資料および刊行物の提供を受けることができるなど、商工会議所の行う事業を通して直接いろいろな利益を得られます。

  • 特定商工業者
     商工会議所は、地区内の商工業者であって、商工会議所法に定める事業規模を有する人々を登録して法定台帳を作ることとなっています。その人々は、会員でなくても会員に準じた権利と義務を有します。
     これらの人々を「特定商工業者」といって、商工会議所1号議員の選挙権を有するなど、広い意味で商工会議所の意思決定の一部を担います。一方、特定商工業者は、その地区の商工会議所に対し、毎年度通商産業大臣の定める負担金を納入することになっています。



部会・委員会

 商工会議所には、会員が営んでいる主要な事業の種類(商業・工業・運輸・金融など)ごとに、それぞれの事業の適切な改善発達を図るために部会をおいています。会員は、いずれかの部会に所属します。

 部会は、あなたの出席を期待しています。あなたが直接商工会議所に対して意見を述べ、また情報や知識を吸収できる絶好の機会です。
 また、部会の決議は常議員会の承認を得て商工会議所の意見となります。
 部会とは別に、商工会議所の運営上重要な事項、あるいは経済問題や制度上の問題を調査研究するため、定款の定めるところによって委員会をおくことができるようになっております。
 委員会の委員は、会頭の委嘱により会員、議員、学識経験者で構成されるのが普通です。
 その他、青年部、婦人会の活動も盛んに行っています。





商工会議所の事業活動

商工会議所は、業種、業態、規模の大小を問わず地区内のすべての商工業者の利益をはかるとともに、地域経済社会の振興・発展や、社会福祉の増進に資することを目的としており、その目的達成のため次のような事業を行っています。
  • 商工会議所としての意見を公表し、これを国会・行政庁等へ具申し建議します。
  • 行政庁等の諮問に応じて答申をします。
  • 商工業に関する調査研究を行っています。
  • 商工業に関する情報・資料の収集および刊行を行っています。
  • 商品の品質・数量、商工業者の事業内容、その他商工業者に係る事項に関する証明・鑑定および検査を行っています。
  • 輸出品の原産地証明を行っています。
  • 商工業に関する施設を設置し、維持および運用をします。
  • 商工業に関する講演会および講習会を開催します。
  • 商工業に関する技術・技能の普及および検定を行っています。
  • 博覧会・見本市等を開催し、およびこれらの開催のあっ旋を行っています。
  • 商事取引に関する仲介およびあっせんを行っています。
  • 商事取引の紛争に関するあっせん・調停および仲裁を行っています。
  • 商工業に関して、相談に応じ、および指導を行っています。
  • 商工業に関して、商工業者の信用調査を行っています。
  • 商工業に関して、観光事業の改善発達を図ります。
  • 社会一般の福祉の増進に資する事業を行っています。
  • 行政庁から委託を受けた事務を行っています。
  • 上記に掲げるものの他、商工会議所の目的を達成するために必要な事業を行っています。